院長紹介

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

院長挨拶

中学生の頃、欠けた前歯1本に金歯を入れられました。思春期の5年間、キラッと光る前歯がとてもイヤで、笑うときでも気になって口元を隠していたほどコンプレックスになっていました。大学入学前に、やっと金歯を取り替えてもらった苦い思い出があります。

また、私の母は、若い頃から入れ歯で苦しんでいました。鏡の前で入れ歯をカミソリで削って調整していたのをよく覚えています。噛み合わせが悪く大変そうでした。

私が歯科医になって母の入れ歯をつくり変えたら、「頭痛がなくなって、よく噛めるようになった」と大変喜んでもらえました。しかし、あるとき母がパンを牛乳で浸して食べていることに気づきました。噛めるレベルがそもそも低かったのです。

そこで、下の顎に4本のインプラントを使った入れ歯をつくりました。母は、「何でも噛める。何でも食べられるようになった」と非常に喜んでくれました。上顎は総入れ歯でも、下の入れ歯が動かなくなったことで噛めるものが大きく変わったそうです。

歯の健康は、からだ全体の健康の源です。

お口まわりの見た目の美しさだけではなく、気持ちよく食べていける人生を支えたい。
この長寿社会に、できるだけ自分の歯でおいしく食べていけるよう、患者さまと共に当院も奮闘したいと思います。

当地に開業して18年になります。
15年間の大学勤務で培った技術と専門性を地域社会に還元し、より一層みなさまのお役に立ちたいと思っています。

院長経歴

院長 竹下文隆(たけしたふみたか)

昭和58年 九州大学歯学部卒業
昭和58年 九州大学研究生(第2補綴)
昭和61年 九州大学助手(歯学部第2補綴)
平成6年 九州大学講師(歯学部第2補綴)
平成10年7月 同上退職
平成10年9月1日 たけした歯科開院

資格、所属学会

  • 日本補綴歯科学会指導医・専門医
  • 日本口腔インプラント学会 専門医・指導医
  • 福岡県歯科医師会理事
  • KIRG(九州インプラント研究会)会員
  • 九州インプラント研究会正会員
  • 歯学博士(九州大学) Tissue reaction to alumina implants inserted into tibiae of rats
  • 米国歯周病学会会員(American Academy of Periodontology International Member)
  • 米国口腔インプラント学会会員(Academy of Osseointegration Active Member)
  • 日本口腔インプラント学会認定医のための100時間コースインストラクター
  • 重度知的障害者更生入所施設なのみの里担当歯科医(平成11年より)
  • 舞の里小学校校医(平成28年度より)
  • ITI(International Team of Implantology)メンバー
  • ITIスタディクラブ福岡
  • 58会
  • Q11
  • 経基臨
  • 日本歯科医師会生涯研修事業認定医
  • 古賀市立千鳥小学校校医(平成11年より平成27年まで)
  • 元日本フリアリットIMZインプラント研究会理事
  • 元Calcitek インプラントシステム・インストラクター

論文掲載

◇院長執筆の論文「患者はインプラント治療をどのように考えているか?~1,842名の患者に対する九州インプラント研究会アンケート調査から~」が、『日本歯科評論2007年5月号』に掲載されました。

医療を行う側の歯科医師と、医療を受ける側の患者の考え方の違いを明らかにしました。アンケートに表れた患者の意識を理解した上で、「安全な治療を行い、トラブルなく長持ちするようインプラント治療を行うよう努力するべきである」という結論を述べました。参考になれば幸いです。

◇院長執筆の論文「粘膜調整材を用いた保険の総義歯の作り方」が、『日本歯科評論7月号』に掲載されました。

約7年間で103床の総義歯をつくり、上の入れ歯だけ製作した場合の調整回数は平均1.3回、下の入れ歯だけ製作した場合は調整回数は2.8回、上下同時につくった場合の調整回数は2.9回でした。 健康保険制度の下では使用する材料に制限はありますが、本テクニックにより比較的少ない調整回数で満足できるレベルに仕上げることができます。

業績目録(主な物を抜粋)

1) Fumitaka Takeshita, Keizo Morimoto, Tsuneo Suetsugu.
Tissue reaction to alumina implants inserted into the tibiae of rats.
Journal of Biomedical Materials Research.
27巻 421~428頁
1993年
2) 高田博樹、竹下文隆、末次恒夫
各種生体不活性材料に対する組織形態学的解析 
日本補綴歯科学会雑誌
39巻 636~642頁
1995年8月1日発行
3) Fumitaka Takeshita, Haruhiko Kuroki, Akemi Yamasaki, Tsuneo Suetsugu
Histopathologic Observation of Seven Removed Endosseous Dental Implants..
International Journal of Oral & Maxillofacial Implants
10巻 367-372頁
1995年.
4) Fumitaka Takeshita, Yasunori Ayukawa, Shinji Iyama, Tsuneo Suetsugu, and Mizuho A. Kido.
A Histologic Evaluation of Retrieved Hydroxyapatite-Coated Blade-Form Implants Using Scaning Electron, Light, and Confocal Laser Scanning Microscopies.
Journal of Periodontology
67巻 1034-1040頁
1996年
5) Fumitaka Takeshita, Tsuneo Suetsugu, Yoshinori Higuchi, Masamichi Oishi.
Histologic Study of Failed Hollow Implants
International Journal of Oral & Maxillofacial Implants
11巻 245 -250頁
1996年.
6) Fumitaka Takeshita, Yasuyuki Matsushita, Yasunori Ayukawa, Tsuneo Suetsugu,
Fractures of Hydroxyapatite-Coated Blade Implants Connected With Natural Teeth. A Histological Study Using SEM, Light Microscopy, and an Image Processing System.
Journal of Periodontology
67巻 86-92頁
1996年.
7) Kenji Murai, Fumitaka Takeshita, Yasunori Ayukawa, Tamotsu Kiyoshima, Tsuneo Suetsugu, Teruo Tanaka.
Light and Electron Microscopic Studies of Bone-Titanium Interface in the Tibiae of Young and Mature Rats.
Journal of Biomedical Materials Research.
30巻 523~533頁
1993年
8) Fumitaka Takeshita, Shinji Iyama, Yasunori Ayukawa, Tsuneo Suetsugu, and Masamichi Oishi.
Failing Hollow Implants Examined by Light Microscopy and Image Processing.
Journal of Periodontology
68巻 293-298頁
1997年
9) Fumitaka Takeshita, Shinji Iyama, Yasunori Ayukawa, Tsuneo Suetsugu, and Masamichi Oishi.
Abscess Formation Around a Hydroxyapatite-Coated Implant Placed Into the Extraction Socket With Autogenous Bone Graft. A Histological Study Using Light Microscopy, Image Processing, and Confocal Laser Scanning Microscopy.
Journal of Periodontology
68巻 299-305頁
1997年
10) Fumitaka Takeshita, Hiroki Takata, Yasunori Ayukawa, Tsuneo Suetsugu.
Histomorphometric analysis of the response of rat tibiae to shape memory alloy (nitinol). Biomaterials.
18巻 21-25頁
1997年
11) Fumitaka Takeshita, Shinji Iyama, Yasunori Ayukawa, Mizuho A. Kido. Kenji Murai, Tsuneo Suetsugu,
The Effect of Diabetes on the Interface Between Hydroxyapatite Implants and Bone in Rat Tibia
Journal of Periodontology
68巻 180-185頁
1997年
12) Fumitaka Takeshita, Kenji Murai, Yasunori Ayukawa, Tsuneo Suetsugu
Effects of aging in titanium implants inserted into the tibiae of female rats using light microscopy, SEM, and image processing..
Journal of Biomedical Materials Research
34巻 1-8頁
1997年.
13) Fumitaka Takeshita, Yasunori Ayukawa, Shinji Iyama, Tsuneo Suetsugu, Masamichi Oishi.
Histological Comparison of Early Wound healig Following Dense Hydroxyapatite Granule Grafting and Barrier Placement in Surgically-Created Bone Defects Neighboring Implants.
Journal of Periodontology.
68巻 924-934頁
1997年.
14) Fumitaka Takeshita, Shinji Iyama, Yasunori Ayukawa, Hideki Akedo, Tsuneo Suetsugu,
Study of bone formation around dense hydroxyapatite implants using light microscopy, image processing and confocal laser scanning microscopy.
Biomaterials,
18巻 317-322頁
1997年
15) Fumitaka Takeshita, Kenji Murai, Shinji Iyama, Yasunori Ayukawa, Tsuneo Suetsugu
Uncontrolled Diabetes Hinders Bone Formation Around Titanium Implants in Rat Tibiae. A Light and Fluorescence microscopy, and Image Processing Study.,
Journal of Periodontology
69巻 314-320頁
1998年
16) 竹下文隆、森永 太、松井孝道、阿部成善、添島義和
インプラント治療に対する患者の意識調査
日本口腔インプラント学会雑誌
第19巻 第4号 68頁-74頁
2006年12月31日発行

スタッフ紹介

常勤歯科医師

窪田泰孝(くぼたやすたか)

  • 昭和58年九州大学卒業
  • 九州大学顔面口腔外科講師を経て、平成25年佐世保共済病院歯科口腔外科科長
  • 日本口腔外科学会指導医・専門医

歯科衛生士

3名

歯科助手

3名