院長ブログ

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.05.06更新

Q: 金属アレルギーで検索していて貴医院のホームページを見つけました。此処2年ほど、皮膚疾患に悩まされ金属アレルギーではないかと皮膚科で指摘されました。金属アレルギー検査の詳細、費用、治療等について教えていただきたいのですが。
歯科の治療では数種類の金属が混ざった合金を使います。それが口の中という湿潤した状態にある場合、イオン化しやすいので体に病的変化をもたらすことがしばしばあります。皮膚科を受診されておられるのであれば、そこで金属アレルギー試験(パッチテスト)を受けられたらいいと思います。私どもでも金属アレルギー試験(パッチテスト)を、歯科用金属に限定して実施しています。手順としては
 (1)パッチテストでアレルギーの原因となる金属を同定する
 (2)疑わしい金属を口の中からはずす
 (3)経過をみて、症状が消退していけば安定したところで修復をおこなう
一般的には金が多く含まれる金属は安定です。
金属アレルギーの治療に良く使われる定評がある材料は(1)チタン、(2)セラミック です。
費用は金属アレルギー試験(パッチテスト)の結果と対象歯が何本あるか、次第ですね。保険外の材料になる場合には負担金額が大きくなると思います。まずは金属アレルギー試験(パッチテスト)を受けられてください。その結果がどう出るかで、またご相談ください。

投稿者: たけした歯科